保険にまつわる税金の情報

HOME | SITEMAP

  • 自動車保険はキャンペーン
  • 保険の事は相談する
  • トップ » 学資保険は2通りある

    新着情報

    学資保険の仕組みについて

    子供が生まれたらその子の将来のためにお金を蓄えたいと思うでしょう。そんなときに考えるのが学資保険です。これには、保障と貯蓄が一体になったものと貯蓄目的のみのものがあります。両者の仕組みの違いは保障があるかないかです。そのため貯蓄のみにスポットを当てると、前者は元本が割れ、後者は返戻率が100%を超えることが多くなります。但し、銀行のように出し入れは簡単にできないのはデメリットです。また、現在は子ども医療費制度があるため、高額な医療費を支払うことはほとんどありません。そのため、貯蓄のみの保険を選ぶ方が将来より多くのお金を手にすることが期待できます。

    子供の教育費は計画的に貯蓄を

    子供の将来の教育資金のために、定期預金や積立貯金をする人もいますが、毎月貯金する自信がない人や、確実にお金を貯めたいという人は学資保険に加入するのがいいでしょう。こ契約期間に親が死亡したりした場合、それ以降の掛け金の支払いが免除される上に、給付金は全額受け取ることができます。さらに医療保障を付けておけば、子供の医療費や死亡給付金もでます。ただ医療保障を付けた場合、返戻率が100%を下回りますので、貯蓄の意味合いは薄くなります。他にこども用の保険に入っているのなら、医療保障などを省いた貯蓄型ものにすると、返戻率が100%を超えるものも多くありますので、いろいろな学資保障を比較検討するのがいいでしょう。